仮想通貨を始めるなら安心・安全の取引所を使おう

ブロックチェーンエンジニアとは?求人が思いのほか高収入だったのでまとめてみた!

どうも、カリフラです(。・ω・。)

今回は、AI業界・IoT業界が盛り上がりを見せる中でこれまで、これからの働き方、そしてブロックチェーンエンジニアとは?といった内容に触れていこうと思います。

最近話題のDappsゲームでは1日で数百万円の利益が出ているものもあり、今だったらブロックチェーンの開発を少し出来るだけで月収200万なんてのもザラです。

TECH BOOSTの無料カウンセリングを受けてみる

職業について

はい、では最初に職業についての持論からです。

職業って時代によって変わっていくというか、合わせていかなければならないものかなと思うんですよね。もちろん古いからだめとかではなく、例えば日本では現在Youtuberは職業ではないと考えている人が約60%のようですが、Youtubeの収益で生活してる人、中には年収何億円といった方もいらっしゃいますよね。実際に小学生のなりたい職業第3位がYoutuberといった時代です。

歴史を少し遡ると、江戸時代だったら約8割の人が農業、それが明治・大正・昭和になるにつれて工業にシフトしていき、平成になるとITといった感じで今では当時あれほど怪しい怪しいと言われていたインターネットが今では私たちが生活する中でもはや必要不可欠なものになっています。

そのように次に世の中に浸透していくことになるであろうというのがブロックチェーンですね

ということで今回は仮想通貨が盛り上がりを見せる中、そのブロックチェーンを開発するブロックチェーンエンジニアという職業が面白そうで、なおかつ高収入だったので考察してきましょう。

動画でブロックチェーンエンジニアについて知る

動画でとりあえずサクッと見てみたい方は、ブロックチェーンエンジニアコースのところから閲覧可能で、どのようなものかザックリ理解できますのでおすすめです。

<雑談>

単なる雑談なので時間のある方向けです(*’ω’*)

ちなみに現在のネット社会にに生きていて、私が上司や年配の方から聞いていたのは、最近の若者(ゆとり世代)は根性のない奴が多くすぐに辞めてしまうということです(°_°)

でもそれって根性がないからですか?土日が完全休みになって教育が変わったからですか?違いますよね。「今働いている会社は嫌だ。」って思った時に、転職先というのは正直多くありますし、何より会社に属さなくても普通に生きていけちゃうって気付いちゃってるからだと思うんですよね(°_°)

実際になんのスキルもない私の場合でも会社とは別で、ネットや外注の趣味みたいなお仕事で月20万ぐらいはありました。その後上司の「30分前には会社に来い。」「飲み会に行くぞ。」といったノリがめんどくさくて辞めてしまいましたが(°_°)

「会社を辞めて生きていけるの?」といった言葉を何回かいただきましたが、その気になったらなんでもできますよね。バイトもできます。

ネットを使って情報も発信できます。

それこそ仮想通貨でのトレードでもいけます。

「結婚は?マイホームは?車は?」→いりますか?それ。今挙げたものは需要が減りつつあり、若者の特徴でもあるようです。

人生の最終目標が結婚・マイホームや車の購入だったらいいですが、大体の人は楽しく生きて幸せに死んでいくことですよね。

マイホームのローンを払うために嫌なことをするのはちょっと違いますよね(°_°)※否定をしているのではなくお金に余裕があったら大賛成です!

そんな感じで、エンジニアというのは個人でお仕事できますし需要が多いのでありだと思います(。・ω・。)

ブロックチェーンとは?

ではブロックチェーンについて超ざっくり説明していきます。

ブロックチェーンとはその名の通り、ブロックの中に取引の内容を記録したものがたくさん入っており、それがチェーンのようにつながっているものとイメージしていただければ大丈夫です。

そしてブロックチェーンの特徴に非中央集権システム・分散型システムというのがあります

例えば、私たちが普段お金の引き出し、預け入れをする場合、銀行のカードや通帳にその取引の内容が記載されますよね。これは中央集権(大元)である銀行が「この取引はなかった。」と言えばなくなります。

一方ビットコインの分散型システムでは、ブロックチェーン上で取引が記録として残されており、皆でそれを監視出来る仕組みのため改ざんすることが出来ないというわけです。

ここには中央集権のような権力の介入は必要なくても安全に取引が出来るというわけですね♪

ブロックチェーンエンジニアとは?

ブロックチェーンエンジニアに関してですが、その名の通りブロックチェーンを開発する(コードを書く)エンジニアのことですね。

有名なブロックチェーンだとだとビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リスク(Lisk)・ネム(NEM)のmijinなどですかね。

ブロックチェーンを機能させるためには、エンジニアが数式などで形成される言語を書いていきます。この言語というのは有名なものでいうとJavaやC++などがあり、それぞれのブロックチェーンで言語が違うのですが、主には、Java・Javascript・Go言語・C++・pythonがありますね。

イーサリアムの独自言語であるSolidityなど知っておられる方もいるのではないでしょうか。

ちなみに現在はWebやシステムのエンジニア自体も不足している状態なので、ブロックチェーンエンジニアとなってくると将来的にもめちゃめちゃ需要があり、収入も上がりそうですよね。

ブロックチェーンエンジニアの求人・転職・収入は?

やはり気になるのは求人や収入ですよね。求人については日本では仮想通貨取引所として有名なところが多いです。

<ブロックチェーンエンジニア求人募集企業>

・株式会社bitFlyer

・GMOインターネット株式会社

・テックビューロ株式会社

・ソフトバンク株式会社

などといった感じで、勤務地はテックビューロ社は大阪ですがほとんどは東京という印象ですね。

収入については、求人を見る限りは年収600万~1000万といった印象です。

仮想通貨やブロックチェーンがまだマイナーということもあり現在の年収はさほど高いといった印象は受けませんが、テックビューロ社の朝山社長は「優秀なブロックチェーンエンジニアを雇うには最低でも年収2000万は必要だ。」といった発言もされているようで、今後世の中にブロックチェーンが浸透してくるにつれて収入も上がっていくのではないでしょうか。

また、最近ではDAppsゲームの需要が高まってきており、こちらは月収200万は軽く超えてくるようです。

ブロックチェーンエンジニアになる(転職する)には?

とは言ってもやはりいきなりブロックチェーンエンジニアになるというのは勇気もいりますし実際にどのような流れでなっていくのか分かりにくいかなと思います。

まずはTECH BOOSTというエンジニア教室にてカウンセリングなどを受けて基礎を学びつつというのが一般的ですね。

TECH BOOSTでは、無料でカウンセリングを受けることも可能(Webも可)ですし、プログラミング未経験の方でも基礎から言語等の知識を丁寧に教えてもらうことができるので理解しやすいと思います。

TECH BOOSTの無料カウンセリングを受けてみる

今後ブロックチェーンエンジニアは増えていきそうですね(*’ω’*)ちなみにまだまだ未熟ですが私も現在勉強中です。

とりあえず動画をみるなら(未経験でも大丈夫)

カウンセリングまではしてもらわなくてもいいけど動画をみて触りだけでもどんな感じなのかなって方はみてみてください。(もちろん無料)

イーサリアムの開発言語の「solidity」の話や、ブロックチェーンでの宝くじサービス投げ銭サービスの話など出てきて面白いですよー。

TECH アカデミーの動画をみてみる

動画の見かた

まず、上のボタンからサイトにアクセスします。

説明会動画をクリックし下にスクロールすると、以下のような画面になりますので、「ブロックチェーンコース」をチェックし、下にスクロールします。

最後にメールアドレスを入れて、「無料説明会動画を見る」をクリックしたら見ることができます。

いかがでしたか?ぜひ感想お聞かせください(。・ω・。)

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではっ(*・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です