仮想通貨を始めるなら安心・安全の取引所を使おう

【仮想通貨取引所】コインチェックがハッキング被害に!私たちにできる対策は?

どうも、カリフラです(。・ω・。)

本日2018年1月26日に仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が不正アクセスにより5億2300万NEM(ネム)を失ったとabemaTVにて発表しました。

ちなみに和田代表取締役・大塚取締役・顧問弁護士が会見に応じられましたが「顧客の資産を守ることが第一」といった誠実な対応が印象的でしたね。

今回はその経緯とcoincheck(コインチェック)の今後の対応などについてまとめていきます。
レジャーナノSを購入する

1日の流れ

①NEM(ネム)の入金・取引を制限そして全てのアルトコインの売買・入金・出金を制限

②NEM財団代表がコインチェックに尽力するとツイート

③コインチェック社の会見

①NEM(ネム)の入金・取引を制限そして全てのアルトコインの売買・入金・出金を制限

お昼頃にコインチェックの公式よりNEM(ネム)の入金を制限するメールが送られてきました。

その後NEM(ネム)の売買を制限、そして全てのアルトコインの取引を制限するというアナウンスがあり、お恥ずかしながら私はここで事態の深刻さに気がつきました…。←ブロガー失格(TT)

ん、これやばくねえか??と思っていると、NEM(ネム)だけでなくコインチェックのハッキング疑惑により他の通貨の価格も下げていきました。

これは毎回思うのですが、NEM(ネム)の通貨自体に全く問題はないのですが価格は下がるんですよね。そしてハッキングの噂が浮上すると大抵ほとんどの通貨の価格が下がります。これ毎回です。

②NEM財団代表がコインチェックに尽力するとツイート

そして23時頃にNEM財団の代表であるロン・ウォン氏がこのようなツイートをされました。

ロン氏「残念ながらコインチェックはハッキングにあってしまった。でも私たちに出来ることならなんでもするよ。」

とのことです。

さすがですね。NEM財団代表とは言えどブロックチェーンに記録されてしまっている以上取引をなしにするなどということは出来ませんが「出来ることなら協力するよ」という姿勢が見受けられましたね。

③コインチェック社の会見

23:30よりコインチェック社の会見が開かれました。

多分コインチェックに資産を預けている人からすると、「私の資産は返ってくるの?」「コインチェックは倒産しない?」「しないなら取引はいつから再開?」ぐらいじゃなかったでしょうか?

私も会見を一部始終見ておりましたが、仮想通貨に精通した記者はいないのか?ってうずうずしちゃいましたね。株主がどうとかコールセンターの人数だとか、どうでもいいんですよ。

会見の内容、そしてコインチェック社の今後については後述しますが、会見で話題になったワードの説明を少し。

・ホットウォレット

オンラインでネットからいつでも接続できる状態にあるウォレットのことです。

逆にコールドウォレットとはレジャーナノのようにパスワードが別で保管されているようなオフラインのウォレットですね。

 

・マルチシグ

マルチ・シグニチャーの略で複数の署名という意味です。

どういうことかというと、例えばビットコイン(BTC)を送金する時って、使うパスワードとか端末って1つじゃないですか?マルチシグの場合は、それが複数あるのでハッキングするには不可能ではありませんが非常に難しいものになるようです。

 

めっちゃざっくり言うと、トランプ大統領の家の金庫をハッキングしようとしても、その金庫を開けるには鍵が何本も必要でその鍵がイタリアとか中国とかにバラバラにあるって感じですかね。

それでは、内容について羅列していきます。

まず、NEM(ネム)を580億…….ってかあれ?いいツイート見つけた。これぶち込ませていただきます。←

先日私当ブログを紹介していただいた玲奈さんですね。さすがです。分かりやすい。(笑)

この中で気になるのは…..ハードフォークを断られたってとこかな?

これは、私の憶測も入っていますが、

CC(コインチェック社)「NEM財団さん、NEMを大量に盗まれてしまいました。NEMをハードフォークしてあの取引なかったことになったりしませんか。」

NEM財団「いや、でもNEM(ZEM)に問題があったわけじゃないから厳しいです。でも協力はします!」

って感じですね。イメージ的にはですよ。

まとめと今後資金はどうなるのか

はい、というわけで今回はコインチェックのハッキング騒動に関して考察してまいりましたが、今後NEM(ネム)、そしてXRPやBTCなどの通貨はどうなってしまうのかということも含めまとめたいと思います。

預けていた資金は?

未だコインチェック社は検討中と回答しておりますので、わかりませんが、以前にマウントゴックス社がビットコインを大量にハッキングされた際の事例や、法律、コインチェック社の回答などを参考にしますと、おそらくNEM(ネム)に関してはハッキングされてしまったので返ってこないかと思われます。(別の形での保証はありえる)

フィアット通貨(円などの法定通貨)を含めた他の通貨に関してはマウントゴックス社の時と同様法律的にも返却はされると思っております。

まとめと今後の対応

今回このようなことになってしまって、コインチェックさんがSNSでも会見でも叩かれている印象がありましたね。

確かにコインチェックさんはマルチシグやコールドウォレットの処理ができていない部分もあり良くなかったと思います。

しかし、1番悪いのはハッキングした人です。犯罪ですからね。そこはしっかり意識して、自分の資産を預けているのなら、無力な私たちは、応援する気持ちが大切なのではないでしょうか。私はこれからのコインチェックに期待しております。

今後はウォレット(レジャーナノSがおすすめ)にて保管していきましょう。(※メルカリやAmazonでの購入パスワードが抜かれている可能性があるため必ず正規店で買うようにしましょう)

レジャーナノSを購入する

安全な取引所は?

取引所を選ぶ際には、使いやすさ・安全性を重視しなければなりません。

bitFlyerは成海璃子さんのCMで有名ですね。また提携している企業がいずれも信頼の置ける企業であり、国内取引所だと安全性はダントツかなと思います。手数料はやや高めですが、問題が起きるよりは良いんじゃないでしょうか。

bitFlyerに登録する

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です