仮想通貨を始めるなら安心・安全の取引所を使おう

ICO中のコスプレトークン(COT)とは?買い方や今後の価格を解説

どうもカリフラです(。・ω・。)

今回は現在ICO中の仮想通貨であるコスプレトークン(COT)が話題になっていたので解説していきたいと思います。

ちなみに今なら5%のボーナスが付きます。


 コスプレトークンICO参加ページはこちら

コスプレトークン(COT)の基本情報

さっそくコスプレトークンの概要から見ていきましょう。

・通貨単位:COT

・最大発行枚数:1,000,000,000COT

・ブロックチェーン:イーサリアム(ERC20)

・プライベートセール期間:2018/4/9〜2018/4/30

・価格:1COT=0.0001ETH

・トークン配布:2018年6月上旬予定

・公式サイト:こちら

・ICOページ:こちら

コスプレトークン(COT)のICOはすでに始まっており4月いっぱいということですね。

ブロックチェーンはイーサリアムのERC20を利用したトークンでOmiseGoやAugurと同じですね。

そしてコスプレトークン(COT)は日本発祥の仮想通貨でその名の通りコスプレをする人、つまりコスプレイヤーのための仮想通貨です。

このコスプレトークンを発行しているのは「Cure」という会社ですでに「Cure WorldCosplay」というコスプレサイトを運営しており、多くの会員を抱えています。

「Cure WorldCosplay」は約72万人の会員数や多くのフォロワーを抱えており、世界中で利用されているサービス(サイト)なんですね。

コスプレトークン(COT)の特徴

では続いてコスプレトークン(COT)の特徴を見ていきましょう。

①コスプレイヤーのためのプラットフォーム構築

②COTとCPCがある

①コスプレイヤーのためのプラットフォーム構築

コスプレって日本の文化だということはみなさんご存知の通りなんですが、ハロウィンとかここ数年ですごく盛り上がってきてますよね。

それと同時にコスプレイヤー業界も近年盛り上がりを見せており、趣味でやっている人もいればプロとして様々なメディアに露出する方達もいます。

例えば人気コスプレイヤーの「えなこ」さんだったらツイッターのフォロワーが約46万人いらっしゃいます。(1万人くれ…)

とまあこんな感じでコスプレをガチでやっているコスプレイヤーがたくさんいるわけなんですが、

ここには問題があります。

というのもコスプレを生業としているコスプレイヤーがコスプレをし、撮影をするには結構なお金がかかります。

衣装を特注するともちろん高額になりますし、小道具やカメラにもお金がかかってくるわけです。

そしてせっかく高いお金をかけて作品を作り上げても、どのように発信したら良いのか、

どのように資金を集めたら良いのか分からず、経費の面でコスプレイヤーを諦める人も結構いたりするみたいです。

「YouTubeにアップすればいいじゃん。」とかって考える人もいると思いますが、チャンネル登録0の状態からどのように有名になっていくのかマーケティングも必要になってくるので面倒ですよね。

企業側からしても案件をどのコスプレイヤーに頼んだら良いのか分からず、「なんとなく有名そうな人にお願いする。」ぐらいの感じみたいです。

そこで、Cure社が運営するサイトである「Cure Worldcosplay」では、そういった問題を解決するために

ブロックチェーンを取り入れます。

具体的には、コスプレイヤーに対して世界中のファンがお金を支払う決済手段を簡単にしたり、企業が「このコスプレイヤーはこのようなジャンルでこのような衣装を着たりしますよ〜」というのを把握しやすくすることによってコスプレイヤーとファンや企業の距離を縮めることができます。

そうすることでコスプレイヤーがお金を容易に調達できるというわけですね。

そしてお察しかとは思いますが、その決済などに使われるのがコスプレトークン(COT)ということです。

②COTとCPCがある

2つ目の特徴としてCOT(コスプレトークン)とCPC(キュアプレイヤーコイン)という2つのトークンがあるということです。

これはどういうことかというと、COTは先ほど説明したように「Cure Worldcosplay」で使われるトークンであり、

CPCはコスプレイヤーが発行する個人のトークンです。

COTとCPCの関係的にはビットコインと個人のVALUって感じですかね。

コスプレイヤーは自ら発行したCPCをCOTに交換し使うことができます。

コスプレトークン(COT)の買い方

コスプレトークンの買い方は簡単で、公式サイトにアクセスし、

サイト内のアドレスにイーサリアム(ETH)を送るだけです。

ここで注意点が1つだけありまして、先述した通りコスプレトークン(COT)はERC20を利用したトークンなので取引所からではなくマイイーサウォレットなどERC20に対応したウォレットから送金します。

イーサリアム(ETH)を買うには手数料が安く送金が便利、なおかつセキュリティに優れたGMOコインがいいでしょうね。

GMOコインの特徴や登録方法については画像付きでまとめておきましたのでご参考になればと思います。

コスプレトークン(COT)の将来性

はい、では最後にコスプレトークン(COT)の今後や価格についてなんですけども、

まだ現時点ではICOをしているだけの状態なのでなんとも言えません。

ICOにて資金調達を行い、開発やマーケティングがうまくいかなかった事例は山ほどありますので。

ロードマップは以下に載せておきます。

とは言うものの、プロジェクトとしては面白いですしロードマップ通りに進めば日本の文化であるコスプレが更に世に浸透するチャンスになると思いますのですごく期待しています。

そして、2017年にはモナコインが1年で何十倍にも価格を上げましたし、2018年3月にはNANJコインがこれまた何十倍にも価格を高騰させました。

この2つの通貨に共通するのはコミュニティが強くオタク系の人が好きそうな通貨というところがあります。

今回紹介したコスプレトークンも言えば秋葉原系ですよね(笑)

というところでわんちゃんある…かもしれませんね!今後に期待しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではっ(*・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です