仮想通貨を始めるなら安心・安全の取引所を使おう

【仮想通貨】ELF(エルフ)とは?将来性・今後の価格・取引所を解説

どうもカリフラです(。・ω・。)

今回は、ブロックチェーンのLinux?ということでAelf(エルフ/ELF)について解説していきます。

Aelf(エルフ/ELF)の基本情報

では早速ですがAelf(エルフ/ELF)の概要からみていきましょう。

・通貨単位:ELF

・発行上限枚数:250,000,000ELF

・発行日:2017年12月

・取扱取引所:HuobiBinance

・公式サイト:こちら

ELF(エルフ)の基本情報はこんな感じで、発行上限枚数に関してはビットコインが2100万BTCであるのに対してエルフ(ELF)の場合は2億5000万ELFとやや多めに設定されています。

エルフ(ELF)に関してざっくり説明すると、ビットコインキャッシュやライトコインのような決済に使われる通貨ではなく、イーサリアムやNEOのようなプラットフォーム系の通貨です。Aelfのプラットフォーム上で使われる通貨がELFということですね。

また、AelfはICOによる資金の調達をしておらず、独自の方法で資金調達をしたようです。

Aelf(エルフ/ELF)の特徴

続いてAelf(エルフ/ELF)の特徴をみていきましょう。

①サイドチェーンを使用

②高度なオペレーティングシステム(OS)

①サイドチェーンを使用

ELF(エルフ)のブロックチェーンでは、主にメインチェーンのみを利用するイーサリアムとは違い、LISKと同じようにサイドチェーンを利用しています。

サイドチェーンを使うメリットに関しては、以前LISKの記事でも説明しましたが、

グレーのメインチェーンから枝分かれしている画像の赤や緑のチェーンのことで、

ハードフォークの必要がなくなる

これはどういうことかというと、例えばメインチェーンに何か問題が発生した場合の対処法としてハードフォークによる改善しかなく、大掛かりな作業になってしまいます。(2017年8月頃ビットコインではハードフォークが大きな問題になり価格が下落しました)

しかしサイドチェーンを使用している場合、問題が発生した際にこのサイドチェーンをメインチェーンから切り離してしまうだけで、容易に問題を解決することができるのです。

処理能力の向上

これはブロックチェーン上に記録される処理をメインチェーンとサイドチェーンで分担してできるということです。

サイドチェーンがあることで、メインチェーンの負担は減りますよね。

例えば居酒屋の従業員に置き換えても、スタッフが1人より3人4人といてくれた方が作業がスムーズに進むという感じです。

このようなメリットがあります。

②高度なオペレーティングシステム(OS)

これは、ブロックチェーンの「Linuxシステム」を目指しているということです。

簡単にいうと、イーサリアムをベースにしたDApps(分散型アプリケーション)があるじゃないですか。

それらのアプリケーション同士を繋ぐシステムといった感じですかね。

ELF(エルフ)の買い方(取引所)は?

ELF(エルフ)は2018/5現在HuobiBinanceで取引可能となっています。

ELF(エルフ)の買い方については、

①国内取引所でビットコインを買う

②Binance(バイナンス)に送金する

③Binance(バイナンス)でELFをを買う

という流れです。

国内取引所に関しては入出金手数料無料のGMOコインや安全安心のビットフライヤーがおすすめです。登録がまだの方は登録方法などまとめておきましたのでご参考になればと思います。

GMOコインの特徴や登録方法の記事を読む

今後や将来性

今回はAelf(エルフ/ELF)についての解説でしたがみなさんいかがだったでしょうか。

ビットコインやイーサリアムのスケーラビリティなどの問題点を解説していってくれるといいですね。

価格に関してはAelf運営がこれから仮想通貨市場にどのように売り出していくのかというところがキーになってきそうですね。

というわけで今回はこのへんで終わりにします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではっ(*・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です