仮想通貨を始めるなら安心・安全の取引所を使おう

METAMASK(メタマスク)とは?登録方法や使い方を解説

どうも、カリフラです(。・ω・。)

今回は、dAppsを始める際に必要なMETAMASKのインストール方法そしてその使い方について解説していこうと思います。

ちなみにすぐ終わります。

ちなみに「メタマスクってなんなの〜?」というと、要はイーサリアムウォレットなんですけど、ブラウザと連動しているんです。

BitPetやイーサエモンなどのゲームを始める前準備となるのでやっていきましょう〜

カリフラ

METAMASKのインストール方法(画像付き)

※インストールはGoogle Cromeからのみとなっているようです。

まず、METAMASKのページにアクセスします。

するとこのような画面になりますので赤枠のところをクリックします。(英語設定の方はクロームの設定で日本語にした方が良いですね)

クリックするとダウンロードのページにいきますのでMETAMASK(メタマスク)をダウンロードします。

ダウンロードが完了すると右上に以下の画像のキツネが出ますのでこのキツネをクリックします。

そしてこのキツネをクリックして下にスクロールしていくと「Conform」というボタンが出てきますのでそれをクリックします。

するとこのような画面になりますので赤枠の中にパスワードを設定し入力し、完了したら「CREATE」をクリックしましょう。

するとこのような画面が出てきますので、下の「I’VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE」をクリックしオフラインのところに管理しておくか、並んでいる単語を紙に手書きで書き、保管しておきましょう。

これはパスワードを紛失した際の復元ワードとなるので絶対になくしてはいけません!

これでMETAMASKの登録は完了です。

METAMASK(メタマスク)の入金方法

次にMETAMASK(メタマスク)へ入金します。

先ほどのMETAMASKの画面から画像の赤枠内の「・・・」をクリックします。

するとこのような画面が出てきますので、「Copy Address to clipboard」をクリックしアドレスをコピーした状態にします。

このアドレスをZaifGMOコインなどにペーストしいつも通り送金し、あとは待つだけです。

METAMASK(メタマスク)の送金方法

では送金方法についてやっていきます。

まず先ほどと同様、右上の小さいキツネを押すと出てくる画面より、「SEND」をクリックします。

するとこのような画面が出てきますので、ZaifやGMOコインなどからコピーしたアドレスをペーストし、「NEXT」をクリックします。

あとは順序通り進めていきましょう。

まとめ

これからDApps(分散型アプリケーション)は増えていくと思われますし、イーサエモンなどのゲームをプレイする際にも必須なのでやっておくといいと思いますね。

国内取引所について

最近コインチェックのハッキング事件で取引が停止、Zaifでビットコインが無料で売られて金融庁の調査が入る、ビットフライヤーは乖離が激しくて一時停止など、国内取引所の大手が不安定な状態で「ICOに参加する際や、海外取引所への送金を安心して行える取引所はどこ?」という質問がよくきますので私自身で全て調べましたが、GMOコインが1番良いですね。

入出金手数料が無料で、送金に使う主要銘柄は揃っていますし、会社自体が信頼できる会社ですのでここは開設しておいて間違いなさそうです。

GMOコインに関してはまとめておきましたのでお役に立てればなと思います。

GMOコインの特徴や登録方法の記事を読む

最後までご覧いただきありがとうございました。それではっ(*・ω・)ノ

分散型アプリケーションプラットフォームを作るセントラリティの解説記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です