仮想通貨を始めるなら安心・安全の取引所を使おう

【ICO】仮想通貨MINE(マイン)が高騰する!?特徴や買い方を解説

どうもカリフラです(。・ω・。)

今回はチャンネル登録者170万超えの人気Youtuberラファエルさんにも紹介されたMINE(マイン)について、その特徴や今後価格の高騰は期待できるのか?というところを考察していきたいと思います。

(仮想通貨知らないやつ童貞より恥ずかしいって…www)

ということでみなさんは、胸を張って生きていくためにも私と勉強していきましょうね!

カリフラ

マインのICOページを見てみる

MINE(マイン)の基本情報

ではさっそくですが、MINE(マイン)の概要から見ていきましょう。

・通貨単位:MINE

・トークン販売数:250億MINE

・価格:1MINE=0.001ドル

・ハードキャップ:2.5億ドル

・ブロックチェーン:イーサリアム(ERC-20)

・ICO期間:2018/5/27〜

・公式サイト:こちら

・ホワイトペーパー:こちら

基本情報としてはこのような感じで、トークンの発行数が250億MINEと多めに設定されており1単位の価格が安いので上がる時は一気に上がりそうですね。

このMINE(マイン)について簡単にいうとマイニング事業を展開し、のちにウォレットやデビットカードなども発行し仮想通貨の経済圏を作っていくといったプロジェクトです。

また、のちに説明していきますがMINE(マイン)トークンを保有しているだけで毎月イーサリアム(ETH)を受け取ることができます。

MINE(マイン)の特徴

続いてMINE(マイン)の特徴について見ていきましょう。

①マイニングファーム事業

②mineウォレット

③mineデビットカード

①マイニングファーム事業

まずご存知の方も多いかとは思いますが、そもそもマイニングってなに?という方向けに説明を載せておきますね。

<マイニングとは>

高性能のコンピューターを使い、仮想通貨の取引記録などを処理すること。

これによって報酬を得ることができる。

冒頭のYouTuberラファエルさんの動画でもありましたが、MINE(マイン)は大規模なマイニングファームを所有しています。

なぜマイニング事業をするのかと言うと、ズバリ儲かるからです。

国内に目を向けても、DMMやGMOなどもマイニング事業に力を入れていますしマイニング事業は今企業にとても注目されているんですよね。

今回取り上げているMINE(マイン)もそこに注目したわけですが、仮想通貨に悲観的なあの中国政府に唯一認められているマイニングファームということもあり日本のそれらとは規模が違うんですよね。

ここでMINE(マイン)トークンを所有しておくメリットとして先ほども少し触れましたが、MINE(マイン)がマイニングによって得た利益の20パーセントをトークン保有者に保有数に応じて毎月分配します。

これはおいしいですね。もらえるもんはもらっておきましょう!

カリフラ

そして画像右端の黄色の10パーセントの部分に関してですが、これはMINE保有者の共有資産として保管(ストック)されます。

どういうことかと言うと、毎月10パーセントのイーサリアム(ETH)を貯蓄することでMINE(マイン)が一気に投げ売りされるのを防いだり、価値を維持する担保としての役割を果たすことでMINE(マイン)の価値も上がっていくと言う仕組みですね。

②mineウォレット

MINE(マイン)は独自のウォレットを開発し、先述した配当はこのウォレットで受け取ることができます。(もちろん他のウォレットに移動可)

取扱銘柄としてはBTC、ETH、XRP、XMR、ADAなどの主要銘柄も入ってくるようで、今後資産を手軽に確認できるアプリも開発予定のようです。

③mineデビットカード

mineのトークン保有者は仮想通貨で支払い が行える VISA デビットカード機能付きのmineデビットカードを所持できる。

現在VISAが使える加盟店舗は、全世界で約3850万店舗存在すると言われる。

決済に使用できる通貨は、mine、BTC、ETH など、mine walletで取り扱い可能なすべての仮想通貨となる。

カードはmine walletに連動しており、カード決済をする際には利用額の他に利用額の5%の決済手数料が自動引き落としされる。

5%のうち、3割はトランザクションフィーに充てられる。一方、残りの7割については、同価値のmineを新たに発行し、利用者のmine walletに還元していく。

(ホワイトペーパーより引用)

私は仮想通貨の価値が上がっていくには、実用化、つまりは需要が増えることが大切だと言うことをよく言っている、というか当たり前ではあるのですが、mineデビットカードは現在のVISAのように仮想通貨決済を導入していくということで、そこに魅力としてを感じましたし、応援したくなりましたね。

ちなみにMINE(マイン)はデビットカードを発行するための銀行とすでに提携済みで、コモロ諸島にある銀行のライセンスを取得しています。

MINE(マイン)の買い方(購入方法)

それではMINE(マイン)の購入方法について画像付きで解説していきますね。

※ICOは5月27日からです。

まずMINEの購入ページにアクセスします。

このような画面になりますので、日本語に設定したのちメールアドレスを入力して「登録」をクリックします。

入力したメールアドレス宛に運営よりこのようなメールが届きますので、こちらのURLより購入ページに移ることができます。

URLをクリックするとこのような画面になりますので、必要事項を記入して「次へ」をクリックします。

今回の送金方法として、BTC・ETH・ADA・XRPのいずれかになるようですが、今回はイーサリアムでやってみます。

ここで購入したい数(何ETH分買うのか)記入して反映をクリック(タップ)します。

下にスクロールすると上の画面になりますので、規約を読んでから「同意する」にチェックを入れ、「確定」をクリックします。

これで参加完了です。記載されているアドレスに送金して、運営からの着金報告を待ちましょう。

ICO情報に関してはツイッター・ライン@にて随時報告していきますのでよければ登録していただければなと思います。

送金方法など分からないことなど質問もお気軽にどうぞ〜(。・ω・。)

カリフラのライン@はこちらから

まとめ(今後の価格と将来性)

今回は5月27日よりICOが実施されるMINE(マイン)についてでしたがみなさんいかがだったでしょうか。

マイニング事業のICOは私も今までたくさん見てきましたが、マイニングファームの実態がないものや、実際に利益が出ていないことを偽っているものが多かったというのが現状です。

しかし今回のMINE(マイン)は大規模なマイニングファーム、そしてGPU価格の変動はありますがホワイトペーパーの採掘履歴より月利8%〜25%というのも確認できますのでそのへんは大丈夫かと思います。

しかしICOというのは計画・開発等うまくいかない場合も多いですので、余剰資金の中の余剰資金で参加するぐらいがいいかなと思っています。

あくまでも投資は自己責任でお願いしますね(°_°)

最後にロードマップを載せておきます。

MINE(マイン)のプロジェクトは非常に魅力的ですし今後に期待したいですね。

MINEのICOに登録する

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではっ(*・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です