仮想通貨を始めるなら安心・安全の取引所を使おう

【仮想通貨】ネム(NEM・XEM)の特徴・将来性・価格(チャート)・カタパルトなど徹底解説!

どうも、カリフラです(。・ω・。)

先日渋谷のNEM barに行って来ましたが、店内の雰囲気も良く1人で行っても出会いがありますしおすすめですね(*’ω’*)

というわけで今回は、日本人にも超人気通貨であり、話題のNEM(ネム)の特徴や今後について解説していこうと思います。

Zaifに登録してNEMを買う

NEM(ネム)の基本情報

最初にNEM(ネム)の概要についてみていきましょう。

・通貨単位:XEM(NEM)

・最大発行枚数:8,999,999,999ZEM

・公開日:2015年3月

・取扱取引所:Zaif

・アルゴリズム:PoI(Proof of Importance)

・現在の価格:こちら

・時価総額:10位(2018/1/31現在)

・公式ツイッター:こちら

通貨単位はNEM(ネム)ではなくXEM(ゼム)という通貨で、取引ができる取引所は多数ありますが、日本の取引所で手数料も安いZaifで取引するのがいいでしょうね。

NEMという名前の由来はNew Economy Movementの頭文字からきており、新しい経済の動きを作ろうといった想いを込めて作られた通貨です。

ちなみに先日友人に、「NEM(ネム)ってリップル(XRP)と姉妹通貨なんでしょ?」と聞かれましたが、価格が同じくらいというだけで、機能や使われ方など全く違う別物なので注意です(°_°)

NEM(ネム)の特徴

①ハーベスティング(ハーベスト)ができる

②送金が速い

③カタパルトを控えている

④mijinを採用している

①ハーベスティング(ハーベスト)ができる

まず、ハーベスティングとはなんなのかということですけども、例えばビットコイン(BTC)の場合だとマイニングといって、マイナーがビットコインの取引を記録(承認)することによって報酬を得ることができます。

一方でNEM(ネム)の場合はハーベスティングといって、NEMの保有者(約1万XEM以上)が保有数に応じて取引を記録(承認)することができ、それによって保有者は報酬を得ることができます。

これはビットコインがProof of Work(PoW)という制度を採用しているのに対してNEMはProof of Importance(PoI)を採用しているからなんですね。

ハーベストの方法としては、約1万XEM以上を専用のウォレット(ナノウォレット)に入れてPCにて設定をし、あとはPCを起動させたままのローカルハーベスティングとPCの電源を切っていても良いデリゲートハーベスティングがあるので楽にNEMを稼ぐことはできそうですね。

②送金が速い

これも基軸通貨であるビットコイン(BTC)を例に挙げると、ビットコインの場合1秒間に7件の取引を処理することができます。

一方NEM(ネム)の場合は1秒間に平均で約3000件もの取引を承認することができます。

よって、状況によりますが、ビットコインが送金してから着金まで約10分ほど要するのに対し、NEMの場合は約3秒ほどで送金し着金することができます。これ結構すごくないですか?

③カタパルトを控えている

まず最初に、そもそもカタパルトってなにー?という方向けにカタパルトについて説明すると、カタパルトとは大砲などを発射するという意味でして、これをNEM(ネム)に当てはめると、NEMの大型アップデートということになります。

アップデートはNEM以外の通貨でもありますが、NEMはこのアップデートにより大幅に性能がよくなり、普通のアップデートの枠を超えるのでカタパルトと呼ばれています。(2018年上旬予定とのこと)

そしてこのカタパルトによって何が変わるのか?ということについて2点あげていきます。

処理速度

1点目は処理速度ですね。先述した通りNEMは現在1秒あたり約3000件ほどの取引を記録(承認)することができます。

ちなみにあのリップル(XRP)でも1秒あたり約1000〜3000件ほどなのでNEMは処理速度が速いと言えます。

しかしカタパルトによって1秒間の処理が約4000件ほどになると言われています。ちなみにクレジットカードで世界一のVISAだと1秒間に約5000件の処理を行いますが、NEMもそのレベルだということですね。

スマートコントラクト実装

これはアグリゲートトランザクションといって、仮想通貨を取引する際に仲介役として利用されるもので、簡単にいうとイーサリアム(ETH)・リスク(Lisk)・ネオ(NEO)などにも実装されているスマートコントラクト機能がNEMにもつくといった感じですかね。

<スマートコントラクトとは>

→スマートコントラクトというのは、日本語約すると「賢い契約」です。ビットコインを例に挙げると、ビットコインをAさんがBさんに送金すると、「ブロックチェーン上にAさんがBさんにビットコインをなんぼ送りましたよー」というのが記録されるんですね。一方スマートコントラクトの場合は、「AさんがBさんに1ビットコインを送るとBさんがAさんにCという商品を渡しますよー」といった契約の内容まで取引情報の中に記録することができるのです。

④mijinを採用している

動画はあの有名な若本さんですね(°_°)そうです、すべらない話とかドラゴンボールのセルの人です。

はい、というわけでmijinについてですが、mijinはNEMの性能を語る上でも重要なので覚えておきましょう。

先述したように、NEMはスマートコントラクト機能を実装する予定ですが、そのためには独自のブロックチェーンが必要ですよね。そうです、そのNEMのプライベートチェーンこそがmijinなんですね。

ちなみにmijinは私たちにも馴染み深いZaifを運営するテックビューロ社とNEMの開発チームによって開発され、特徴としては、「速い」「安い」「安全」ということで、ビットコインと比べると、送金が速く行われ、手数料が安く、改ざんなどの心配がなく安全だというところですね。

ビットコインの生みの親である中本哲史によって発明された「ブロックチェーン」技術。
それを誰もが簡単にプライベートP2Pネットワークとして利用できるように開発された汎用プラットフォームがmijinです。

自社内、もしくはパートナー間でのみ利用可能な「Permissioned Blockchain」環境を構築できるため、
「ゼロダウンタイム」というブロックチェーンの恩恵を得ることができるだけではなく、圧倒的なセキュリティレベルと高いパフォーマンス、そして大幅なコスト削減を実現します。

mijinの名は、忍者の武器である「微塵」に由来します。3本の鎖に分銅がついたこの武器は、敵を「微塵」に打ち砕くことからそう名付けられました。
mijinは、既存のデータ管理インフラの常識とコスト構造を打ち砕きます。

出典:http://mijin.io/ja/

NEM(ネム)の今後とまとめ

最後に価格(チャート)とまとめです。

NEM・XEM(ネム)に関しては2017年の5月、9月、そして12月に最高値を更新しましたが、9月の上げはmijinの導入での上げでしたね(°_°)12月は流れで上がった感がありましたが。

今後の価格については2018年1月31日現在はTether(テザー)社に発行数と同量のドルがないという疑惑から全体的に相場が下げムードになっていますが、長期的に見るとNEMは通貨として優秀で使える場面が多そうですし、カタパルトも控えていたりと価格は上がっていくと思いますね。

まあしかしNEMは「富を再分配して活発化した新しい経済つ作っていく」という割にはごくわずかな投資家がほとんどの割合のNEM(XEM)を保有しているので、それはちょっとどうなのかなと思う部分もありますが。

というわけで今回はNEM(ネム)についての解説でした。今後が楽しみですね!

あ、みなさんコインチェックのハッキングもあったように、取引所での保管は危険な面もあるので、レジャーナノSなどのウォレットでの管理はマストですよ。



 <NEM(ネム)を買うには>

NEMを買うなら国内の安心・安全な取引所であるZaifがおすすめです。

Zaif(ザイフ)の画像付き登録方法を見てみる

Zaifに登録する

最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは(*・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です