仮想通貨を始めるなら安心・安全の取引所を使おう

【仮想通貨】NEX(ネックス)のICOについて買い方や今後を解説!

どうもカリフラです(。・ω・。)

今回は、4月よりICOが開始されるNEOベースの分散型取引所を開発するプロジェクトであるNEX(ネックス)についての開発です。

分散型取引所ってなに?というところから分かりやすく説明していくので最後までお読みいただければなと思います!

カリフラ

分散型取引所とは

まず今回重要なキーワードになってくる分散型取引所ってそもそもなんだよってことで、分散型取引所とはアルファベットでは「DEX」と表記され、簡単にいうとZaifbitFlyerのように管理者がいる中央集権型の取引所ではなく、管理者がおらずブロックチェーン上で管理されている非中央集権型の取引所のことです。

先日話題のcentrality(セントラリティ)が上場したSingularXも分散型取引所の1つですね。

→セントラリティの詳しい解説はこちら

分散型取引所のメリット

では分散型取引所のメリットについて考えていきます。

もちろん「分散型取引所は知ってるよ。NEXの説明はよ!!」って方は読み飛ばしてもらって大丈夫です。

分散型取引所に関して「なんで管理者不在なんだよ。働けよ。危険じゃね?」って思われた方はその説明とともにメリットについて説明していきます。

まず中央集権の取引所であるZaifbitFlyerの場合、私たちはそれらの取引所に預けてある仮想通貨をその取引所内で取引しますよね。

一方で非中央集権である分散型取引所(DEX)の場合は自分たちがウォレット内に入れている仮想通貨同士を取引することができます。

要するにどういうメリットがあるかというと、中央集権の取引所に仮想通貨を預けておくとコインチェックのハッキング事件があったように盗まれる可能性があるんですけど、非中央集権の分散型取引所は個人のウォレットから取引するのでハッキングされる可能性が限りなく低いんですよね。

取引所だとホットウォレット(オンライン)で管理されている場合がありますが、ウォレットだとオフラインですので(*’ω’*)

分散型取引所のデメリット

デメリットに関してですが、Zaifなどの中央集権の取引所と比べると手数料がやや高かったり、フィアット通貨(円やドルなど)への交換ができないというところですね。

そして管理者がいないのでフィアット通貨と交換はしてくれませんよね。

「じゃあ分散型取引所はどのようにしてできたの?」という話ですが、もちろん勝手に湧いて出てきたわけではなく開発者がそれを作ったんです。

国内取引所について

最近コインチェックのハッキング事件で取引が停止、Zaifでビットコインが無料で売られて金融庁の調査が入る、ビットフライヤーは乖離が激しくて一時停止など、国内取引所の大手が不安定な状態で「ICOに参加する際や、海外取引所への送金を安心して行える取引所はどこ?」という質問がよくきますので私自身で全て調べましたが、GMOコインが1番良いですね。

入出金手数料が無料で、送金に使う主要銘柄は揃っていますし、会社自体が信頼できる会社ですのでここは開設しておいて間違いなさそうです。

GMOコインに関してはまとめておきましたのでお役に立てればなと思います。

GMOコインの特徴や登録方法の記事を読む

いかがでしょうか。分散型取引所に関してある程度は理解していただけたらなと思います。

さて次はNEXとは?というところに話を進めていきますよ〜!

カリフラ

NEX(ネックス)とは

はい、それではNEX(ネックス)とはということで始めに概要から少し見ていきましょう。

・ICO期間:2018年4月より

・ICO価格:1NEX=1ドル(予定)

・公式サイト:こちら

・ホワイトペーパー:こちら

・公式ツイッター:こちら

上記の通りICO期間は4月からと公式より発表がありました。当初の3月後半という予定よりは少し遅くなったみたいですね。

NEXのICOが気になる、または参加しようとされている方はツイッターもフォローしておくといいでしょう。

さて、NEX(ネックス)とは何かというところですけど、冒頭でも触れましたがNEOベースの分散型取引所、つまりNEOのEXCHANGEということでNEXとなっています。

→NEOの詳しい解説はこちら

昨年2017年より、イーサリアムベースの分散型取引所が流行ってきましたが、今年2018年は取引所のハッキング問題など不安定な状態が続いているというのもありさらに注目されることになりそうですね。

そしてNEOベースの分散型取引所の試みはこのNEX(ネックス)が初となります。

また、このNEXチームのメンバーにはNEOのプログラムの開発者やNEOのウォレットの開発者もいるので期待できそうですね。

ロードマップについては以下の通りです。

NEXの特徴

ここからはNEXのここがすごい!といった特徴について解説していきます。

①高速の処理が可能

②イーサリアム系の通貨と交換可能

③フィアット通貨と交換可能

①高速の処理が可能

分散型取引所はすでにいくつも存在しますが、それぞれ性質があり取引所ごとに使いやすさや取引にかかる時間も変わってきます。

NEXの場合は他の分散型取引所に比べて処理速度が速くなると期待されており、毎秒約10万件の取引を処理することができるとされています。

これがどれくらい速いかというのは具体的に表現することは難しいのですが、一般的に分散型取引所はZaifなどの中央集権の取引所よりも取引処理が遅いのですが、NEXの場合は中央集権の取引所と同じぐらいのトランザクション処理を行うことができるようです。

速さの理由は?

毎秒10万件のトランザクションを処理できる理由としては、「オフチェーン」と呼ばれる、ブロックチェーン外での取引を行っており、それによって通常よりも早く取引を行なっているからです。

②イーサリアム系の通貨と交換可能

これは、例えばイーサリアムの分散型取引所の場合だったらイーサリアムのプラットフォームを利用した、例えばOmiseGoなどの通貨しか取引できないじゃないですか。

そうするともちろんNEOの分散型取引所もいわゆるNEO系の通貨しか取り扱えない。……はずなんですが、NEXはイーサリアムのプラットフォームであるERC20のシステムで動いている通貨とも交換することができるのです。

どういうことかというと、「クロスチェーン」と言われるサイドチェーンによってイーサリアムのブロックチェーンとNEOのブロックチェーンを繋げることでこの2つのブロックチェーンの行き来を可能にするというわけですね。

(多少解釈が間違っているかもしれませんが大まかにはこんな感じです)

③フィアット通貨と交換可能

先ほど分散型取引所のデメリットとしてフィアット通貨(ドルや円などの法定通貨)との交換ができないという点を挙げましたが、NEXは今後フィアット通貨との交換も可能にするようです。

(どのようにするのか技術的なところはまだ私の方ではわかっておりませんのでわかり次第追記いたします)

ICOでのNEXの買い方や価格は?

4月より行われるICOへの参加(購入)方法に関しては後に追記させていただきます。

※追記

購入方法に関しては、3月25日段階では抽選の登録をし、3月31日の抽選発表を待っている状態ですので、

現在2回目の当選者が4月8日に発表されました。

NEX公式サイトにアクセスし、

参加される方は登録を済ませておきましょう。

ということで今回はホワイトペーパーに記載されている今後のスケジュールについて載せておきますね。

・3月12日~30日:事前登録期間

・3月31日:当選者発表と当選者のKYC手続き開始

・4月7日:KYC手続き締切

・4月8日:当選者発表と当選者のKYC手続き開始(2回目)

・4月14日:KYC手続きの締切(2回目)

・4月TBA:NEXトークン販売開始

「ん?当選発表?抽選があるの?」って思った方、正解です。

このNEXのICO(トークンセール)では事前登録し、抽選によって参加できるか否かが決定します。

そしてご覧の通り2度抽選があって、1度目の抽選に当選された方は1000ドルまで、2度目の抽選に当選された方は9000ドルまでNEXを購入することができるようです。

ちょっと変化球なICOですが、当選された方は購入の手続きを進めていきましょう。

まとめ

今回のこのNEXのICOに関してですが、これから確実に需要のでてくるところで、短期的な価格の高騰も期待できるのかなと思いました。

カリフラもNEXのICOには参戦予定です!!

どうなるかは分かりませんが人気の出るICOになると思いますし、今後に注目ですね😊

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではっ(*・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です