仮想通貨を始めるなら安心・安全の取引所を使おう

【仮想通貨】アニメ業界に特化したオタクコインが話題に!?

どうも、カリフラです(。・ω・。)

こないだアニメバジリスクを観ていて、甲賀と伊賀の忍者10人ずつががそれぞれの派閥の存亡をかけて戦っていくストーリーなんですがとても感動しました、、。

ということで今日はアニメ業界に特化した、ヤフーやラインニュースにも取り上げられ話題になったオタクコインについて特徴や今後について言及していこうと思います。

ネットの反応

というわけで、SNS上でのオタクコインに対する反応からみてみますか。

オタクコインはどうやら別の記事でも紹介したモナコインがあるからいらないのではないか?

という意見がちらほら出てきているようですね。

オタクコインの特徴

専門家の支援もあり、ICOの実現を目指している

<業界専門家、企業、ユーザー参加型のICO実現を目指す>
本構想は、特定の企業の営利活動を目的とするのではなく、業界全体の課題をICOを利用して解決をしていきたいと考えています。そのため、「オタクコイン準備委員会」を設置し、業界専門家や企業、ユーザーから広く意見を取り入れてまいります。より多くの方に本構想を知っていただき、「オタクコイン」の活用方法のアイデアや制度設計など、さまざまな視点から多くの意見を集め、この構想を、まさに民主的により良い形で実現したいと考えています。
現在、TOMは、ICOを実施予定である対象国の法律面/会計面/税務面などのさまざまな観点から、確認ならびに、実施母体の調整、主メンバーの確定、アドバイザーや協力者への呼びかけ、業界内への説明や理解、浸透などの活動を行なっております。
このたび、本構想に関心を持っていただける方々と、コミュニケーションアプリのTelegramなどを活用して、双方向にやり取りさせていただきます。業界関係者や関連企業だけでなく、一般の利用者のより多くの意見をもとに、最適な仮想通貨プラットフォームの構築をめざしています。また、2018年春頃を目処に説明会の開催および本構想を検討するにためのたたき台となる資料の公開も予定しております。

<各専門家による手厚いフォローアップ>
アドバイザーに、ジェンコ代表の真木太郎氏、アニメジャーナリストの数土直志氏が就任
本構想を検討するオタクコイン準備委員会のアドバイザーに、アニメ企画やプロデュースを手がける株式会社ジェンコ代表の真木太郎氏、ジャーナリストの数土直志氏が就任しました。
真木氏は、アニメの企画、プロデュースなどの事業を展開する株式会社ジェンコの代表を務め、自らも映像プロデューサーとして数々の作品に携わっています。昨年、大きな話題となったアニメ映画「この世界の片隅に」にはプロデューサーとして参加。プロデューサーに贈られる日本で唯一の賞である藤本賞の特別賞を受賞しています。

数土氏は、アニメ情報サイト「アニメ!アニメ!」、その後「アニメ!アニメ!ビズ」を立ち上げ編集長を務め、2012年に運営サイトを譲渡。現在は、国内外のアニメーション関する取材・報道・執筆を行うなどジャーナリストとして活動する一方、国内のアニメーションビジネスの調査・研究を行っています。
長年、アニメ業界で活躍されている真木氏、数土氏の両氏をアドバイザーとして迎え入れることで、本構想をより業界の実態に即し、業界発展に寄与するビジョンや仕組みの構築をめざします。
両氏のほかにも、国内外の業界関係者、専門家を中心にアドバイザーへの就任を打診しています。決定次第、順次お知らせします。

〈ICOコンサルティング事業を展開するAnyPayが支援〉
本構想を支援していただくパートナーとして、ICOコンサルティング事業を手掛けるAnyPay株式会社が、参画します。通常の資金調達に必要な検討事項に加え、法律/会計/税務観点からのスキーム検討、トークン(コイン)発行・組成、PR・マーケティングなど、ICO固有で必要なサポートを支援いただきます。AnyPayは、すでにシリコンバレーを拠点とする分散型金融プラットフォームサービスを提供するBread社やインドで数十万人が利用するカーシェアリングサービスを運営するdrivezy社などへICOコンサルティングとして支援した実績があり、本構想を実現する上で最適なパートナーと考えております。

<オタクコインについて>
オタクコインは、アニメ/漫画/ゲームなどのいわゆるオタク系コンテンツ業界で利用可能な共通通貨の予定となっております。具体的には、アニメ作品への直接的な支援や、アニメイベントへの参加費用、物販での支払いなど、この領域における多種多様な支払いに充当できることを想定しています。オタクコインによって、情報の流通、コンテンツの流通、関連グッズなどのマーチャンダイズの流通を促進してまいります。また、オタクコインという通貨が流通することで、以下のような新しい価値の創造や、課題の解決などにも利用される世界を目指しています。

(PRTIMESより引用)

キズナアイとコラボ

キズナアイを知ってますか?キズナアイはAI搭載のバーチャルyoutuberでチャンネル登録100万人超え、ツイッターのフォロワーが23万人超えの人気アイドルです(。・ω・。)

オタクコインはこのキズナアイさんとパートナーになっています。

オタクコインの今後と私の意見

仮想通貨は今年2017年より広く認知されるようになり、仮想通貨元年とも呼ばれています。

SNS上ではモナコインがあるからオタクコインは不要なんじゃないかとの声もありますが、個人的には既存のものがあるからこれはいらないというのは特に仮想通貨はまだ始まったばかりというのもありまだ考えなくてもいいんじゃないかというふうに思っております。

例えば、クレジットカードでも楽天カードがあるから他はいらないというのじゃなくて、それぞれ微妙に違いがあり、何枚も持っている人もいますよね。

そんな感じで、共存していけばいいと思いますし全く同じものではないので。特にこれからまだまだ増えていくであろう仮想通貨の通貨の世界ですので(°_°)今後の動向に注目ですね。

というわけで、オタクコインについてはここまでにしようと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

安心・安全ビットフライヤーの登録はこちらから

それではっ(*・ω・)ノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です