仮想通貨を始めるなら安心・安全の取引所を使おう

【仮想通貨】WICC(WaykiChain)とは?将来性・今後の価格・取引所を解説

どうもカリフラです(。・ω・。)

今回はHuobiで取り扱いされているWaykiChain(WICC/ウェイキチェーン)についての解説です。

Huobi(フオビ)に登録する

WaykiChain(WICC)の基本情報

早速ですが、WICCの概要から見ていきましょう。

・通貨単位:WICC

・発行上限枚数:2,1億WICC

・公開日:2017年12月

・ブロックチェーン:イーサリアム(ERC-20)

・取扱取引所:Huobi

・公式サイト:こちら

WICCの発行上限枚数はビットコイン(BTC)が2100万BTCであるのに対して2,1億WICCとやや多めで、オミセゴー(OMG)などのようにERC-20準拠のトークンですね。

WaykiChain(WICC)について簡単に説明すると、主に賭博市場・金融市場においてブロックチェーンを利用することで現在の不便な点(デメリット)を解決していこうという通貨です。

WICCの特徴

①賭博市場で使用

②金融市場で活躍

①賭博市場で使用

これはギャンブルの場で使用されていくということです。

オーガー(REP)と少し似ている点もありますが、オーガーの場合は主にカジノなどの場で使われるのが目的でしたがウェイキチェーンの場合はスポーツをメインに使用されるようです。

野球賭博みたいな感じのイメージです。

例えばAさんがBチームにどれくらいの金額をベットし、配当がどれくらいになるというのをブロックチェーン上に記録することで、胴元がイカサマをすることもできませんし契約が必ず執行されるという感じですかね。

②金融市場で活躍

現在金融資産は中央集権である銀行によって管理されることがほとんどで、送金・出金に高い手数料がかかったり、倒産によるリスクがあります。

それをブロックチェーン技術によって非中央集権的に管理し、手数料を抑えたりセーフティに管理していくということですね。

これに関してはビットコイン(BTC)・リップル(XRP)などが解決してくれそうでもありますが。

WICCの取引所は?

WICCを取り扱う取引所はいくつかありますが、Huobi(フオビー)が使いやすく取扱銘柄も多いのでおすすめです。

Huobi(フオビー)に登録する

国内取引所について

最近コインチェックのハッキング事件で取引が停止、Zaifでビットコインが無料で売られて金融庁の調査が入る、ビットフライヤーは乖離が激しくて一時停止など、国内取引所の大手が不安定な状態で「ICOに参加する際や、海外取引所への送金を安心して行える取引所はどこ?」という質問がよくきますので私自身で全て調べましたが、GMOコインが1番良いですね。

入出金手数料が無料で、送金に使う主要銘柄は揃っていますし、会社自体が信頼できる会社ですのでここは開設しておいて間違いなさそうです。

GMOコインに関してはまとめておきましたのでお役に立てればなと思います。

GMOコインの特徴や登録方法の記事を読む

今回はこのへんで終わりにします。

最後までご覧いただきありがとうございました。それではっ(*・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です